赤倉観光リゾート&スパ

赤倉観光リゾート&スパ

住所
〒949-2102 新潟県妙高市田切216
TEL
0255-87-2501
URL
www.akhjapan.com
施設
赤倉観光ホテル 赤倉観光リゾートスキー場 赤倉ゴルフコース 妙高高原スカイケーブル

リゾートの歴史

1937年に創業した赤倉観光ホテルは、当時の日本政府が外貨獲得政策として推進した国際リゾートホテル建設事業のひとつとして誕生しました。当時、帝国ホテル取締役会長であった創業者・大倉喜七郎は、同時代に川奈ホテル・上高地帝国ホテルを建設、後にはホテルオークラ東京を開業しました。
設計士をスイスの山岳リゾートに派遣して設計された創業時の建物は1965年に焼失してしまいましたが、翌年には旧館を模した現在の本館が建てられました。内装デザインを担当した繁岡ケンイチ氏は、帝国ホテル建設時にフランク・ロイド・ライトのもとで内装インテリアを担当した人物で、その後も赤倉観光ホテルのデザインに携わりました。2009年に新築された宿泊棟「SPA&SUITE」にもそのモチーフが活かされています。2004年、大倉系列から経営が変わり、現オーナーに営業譲渡されています。

部屋付き露天風呂を完備した「SPA&SUITE」棟の客室

メインダイニングルーム「ソルビエ」

すべてのパン・ケーキが手づくりで作られる

すべてのパン・ケーキが手づくりで作られる

赤倉観光リゾート&スパは上信越国立公園内に100万坪の敷地を保有しています。妙高山の中腹、標高1000mに建つ創業75余年のクラシックホテル「赤倉観光ホテル」には源泉かけ流しの温泉を完備。2009年にオープンした新館「SPA&SUITE」では各部屋に露天風呂を設けています。
ホテル内にはザ・デイ・スパが運営する、フランスの化粧品メーカー「クラランス」を使用した本格的なスパや、フレンチと日本食の2つのレストランに加え、自家製のパンやケーキを提供するベーカリーカフェ、ホテル外の遊歩道沿いにはハーブガーデンや天然の滝もあり、充実した施設を備えています。
また、広い敷地面積や眺望など、豊富な自然資源を活かし、ホテル直営のゴルフ場、スキー場、展望ゴンドラリフトも運営する、オールシーズンリゾートです。

  • 赤倉ゴルフコース
  • 赤倉観光リゾートスキー場
  • 妙高高原スカイケーブル